ものまろらいふ

ものを減らせるようになってきました。腹の肉も減らすぜ!

化粧しないと息巻いた陰キャが慣れていくために踏んでいったステップ

f:id:maromimaromi:20200106192948p:plain

個人的な話ですが。
自分がこういうステップを踏んで 楽しいな〜になっていったというのを書き残したく、書く。

・中〜高
完全なる陰キャ。ただ、こっそりオシャレがしたい陰キャ。
髪の毛・髪型は数時間かけて完璧にしたくなるも顔は薄味
今思うと、バッチリメイク層を全体の3割と勝手に仮定すると、平均層だったかも。
(マジメでいい子の多い進学校でしたのでバッチリメイク層は比較的少ないと思う)
眉毛の濃さだけが気になっていて、抜いたり剃ったりしていた(書きはしない。

・大1〜2
高のがマシだったんじゃないかと思うくらいのオバハンルックをキメていた
(スタイリングしてないゴワゴワ剛毛ベリーショート&何故か一時的にコンタクトレンズをやめてメガネ(ちなみに目がものすごく縮んで見えるくらいの度数のメガネ)
ファンデーションにものすごい抵抗があり、メイクアップアイテムだけ取り入れるが中途半端だったに違いない。
眉毛も元が立派なのとガタガタになるのが怖く未着手。
スキンケアもまったくしておらずニキビが大発生。のちにひょんなことから乾燥のせいでは?と言われ化粧水だけでもするようになったらすぐなくなってビックリ。(女性ホルモンが少なそうな体質だから顔も脂っこいし体臭もあるから保湿はいらんと勝手に思い込んでいて…

・大3
某ファストファッションの店で働き始める。
それまで飲食店でしか働いたことがなかったので、服屋で働くということへの驚きがすごい。
化粧をしなきゃならない(誰かから強制はされていないが、化粧してたほうが、まあ好ましい。という世界) という世界線に初めて出会う。
就活とかもあるしはじめてみる。
ただまだファンデーションに抵抗があるときに出会ったのが SUGAO。つい2年くらいまえまでこれで通していた。(まさか自分が「これじゃカバー力がちょっと物足りないな…」と思う日が来るなんて
唇に色がないと、具合悪そう と思われる世界にも初めて気づいた(そういえば中高大よく 具合悪い?と聞かれた)


・社2くらいまで
服装規定がほぼない業界 / 企業に入ったので薄々メイクは続く。
残業も多くほとんどお客さんに会う仕事でもないので、何もしないほうが肌にいいんじゃね?という考え


・社3〜現在
年相応になりたいと思う劣等感みたいのが強く、年相応にコスメ情報をチェックしている
デパコスがほしいほしいと思うがデパコスの値段でプチプラ3つくらい買えてしまうな…と考えてしまう典型的な貧乏性。
デパコスは向こう10年の目標か?
仕事に慣れ残業も減った。なにより自分のテンション上げずに1日の元気出ない。ということに気づいて極力ノーメイクで出かけることはしないようにした。

眉毛→幸い太めの眉毛がメジャーであり続けているので、自眉に茶系マスカラをしている。剃り抜きは最小限
ベース→SUGAOではカバー力が足りなくなってしまったので卒業し、インテグレートとかを使っている。
マスカラ→たまにやる
アイシャドウ→こっそり変な色を塗る
アイライナー→なし
チーク→あったりなかったり
リップ→適当に


--

興味が出始める年齢にバラツキはあれど、みんな同じようなステップを踏んでいるのかな?