ものまろらいふ

ものを減らせるようになってきました。腹の肉も減らすぜ!

自分は太ったと自覚させられる瞬間とか

 お仕事の1番の楽しみといえばやっぱりランチなものまろのまろみです。

実はここ1年で4kgくらい太ってしまいました。

 

自分は、漠然と、太らないタイプなんだと思っていた。

自分はエスカレーターより階段をよく上るし、上るときは1段抜かしが多いし、間食はサラダチキンとかだし、人よりモリモリ食べても絶対に太らないだろうという謎すぎる自信がありました(それでも元々大して痩せているわけではない、普通of普通)。

実際、小学5年生くらいから身長はほとんど変わっていないのに(成長期が来るのがやたら早くさっさと成長が止まってしまうタイプの典型)、何年もかけてじわりじわりと平均体重は増えているんですが...

ちなみに身長は155cmぴったりくらいです。

48kgくらいの時代→BMIの数値的にいちばん健康なのは52kgだって!今も大して細いわけでもないのに、ちょっとぽっちゃりくらいになるのかしら?ハッハー!

52kgの時代→50kg超えてしまった…お腹がボヨンとしている...けど52kgってBMIの数値的にいちばん健康なんでしょ?

そして現在...55kgという数字が出現してしまいました。もうちょっとで軽度肥満という数値です。

ただ、身長に対して体重が重めということに問題があるというより、体脂肪率が30%を超えてしまったのが問題だと思っています。1番体を動かして、痩せていたときは24%程度だったので...

正直最近では、自分は間違いなくこれまでで1番太っている。という自覚があって、体重計に乗らないようにしていたのですが、「自分は太ったと自覚させられる瞬間」がいくつか積み重なることにより、いよいよ本気でマズイ気がして、体重計を買って現実を見て、減量しなくてはならないと決意することになったんです。

現在ダイエット進行中なんですが、その「自分は太ったと自覚させられる瞬間」について、書き残しておきます。

 

実録!自分は太ったと自覚させられる瞬間

1.ちょっと太った後に買って余裕があったはずのボトムスがさらにキツくなった

f:id:maromimaromi:20180529205318p:plain

太って困ることの代名詞的な存在、お洋服のサイズアウト。

ちょっとだけ太ってきたかな?というときに余裕を持って買った「ウエストゴム気味」のスカートやズボンがなかなかの短期間でどうしようもなくキツくなったとき、ものすごくショックでした...

 

2.まっすぐ立っているときに太ももの付け根と付け根の間が気になるようになった

f:id:maromimaromi:20180529205307p:plain

ちょっと待って!これって「またずれ」の始まりでは...

夏場でなくても、肌と肌がぴったりくっついていて汗ばんでなんだか気持ちが悪い。これにはビビりました。

 

3.試着室でずんぐりむっくりな自分とご対面

f:id:maromimaromi:20180529205312p:plain

 ノースリーブでもなく、夏になればいつも着ている形の普通の半袖シャツやTシャツ。ものを新調したいと思いショップで試着。鏡を見ると...二の腕の太さが知っている自分じゃないみたい...なんで家の鏡はいつでも都合よく見えるのか。

 

4.スタイルのよい素敵な女性を見ると真面目に悔しい!羨ましい!

f:id:maromimaromi:20180529205322p:plain

街中で見かけるおしゃれでスタイルのよい女性。特に、フレアスカートにシャツをインしてウエストがキュッと細い貴女。うらやましー!くやしー!いいなー!自分もああなりたい!という思いが前より強くなったと感じました。 

 

 

他にも「少し汗ばむと腕時計が窮屈」とか、「腕時計の跡がつく」とか、キツい系が細かくいろいろありますが、だいたいこんな感じです。

現在ダイエットが順調なので、次回はそれについて書こうと思いますです。