ものまろらいふ

ものを減らせるようになってきました。腹の肉も減らすぜ!

【南インド料理備忘録】Vol.4 ブーム寸前?ドーサが食べたい

f:id:maromimaromi:20180522133339j:plain

■ブームの予感…?お米と豆のクレープ、ドーサが食べたい

インスタ映え映えのその見た目、香ばしい香り…あなたは南インドの軽食、ドーサをご存じですか。
南インドには「ティファン」と呼ばれる軽食が数種類あって、そのうちのメジャーなひとつです。
日本でいう、たこ焼きやたい焼きみたいな位置づけでしょうか。

 

■甘いの?しょっぱいの?

主に…
どちらかというとしょっぱい系の食べ物。

しょっぱいいろいろなものを包んで食べます。
チョコレートを載せる場合もあるようです。

ドーサの生地自体は甘くもしょっぱくもないので、甘くないクレープのようなイメージでしょうか。
ツナやソーセージを包んだり、クリームやバナナ、チョコレート、いちごを包んだりと、甘いしょっぱいどちらでもOKな感じもクレープに近いですね。


■都内近郊で気軽にドーサが食べられるお店はここ!
わたくしも随時研究中。

・サウスパーク(浅草)

・アーンドラ・ダバ(神田)

・ヴェヌス 御徒町店(御徒町)

・ベジキッチン(御徒町)
・ドーサベル(大崎)→2018年3月末オープン。店名にドーサが入るくらい、ドーサメニュー豊富。

・ケララの風Ⅱ(大森)

・ケララバワン(練馬)

・ルチラ(東久留米)

 

f:id:maromimaromi:20180522121334j:plain

▲御徒町・ベジキッチンの「ベジキッチンスペシャルドーサ」。(ディナー時です。ランチは不明)なんとも言い表せない複雑でおいしい味です。ただのマサラドーサではない気がしました。食べてみる価値ありです。

 

■ドーサ裏ばなし
ドーサを作るのは専門のシェフが必須のようで、
シェフが休み / お店をやめてしまった / 故郷に帰ってしまったなどいろいろな理由で、日により食べられたり食べられなかったりするときがあるイメージです。。